スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング2010総集編⑨


北海道ツーリング2010総集編を最初から見る




じわじわと現実にもどっていく9日目。


フェリーの中で目を覚まします。

P8201772.jpg


北海道にいる間はハイテンションのせいか、睡眠時間が短くても、パッと目が覚め、すぐに行動できたのに、帰りのフェリーに乗った瞬間、ドッと疲れが出てきます。

幸いにもひまでひまでどうしようもないので、寝ては起き、起きてはフェリー内をふらふら、何か食い、また寝る。

P8200811.jpg



外は快晴。時速約50kmで敦賀港(現実)に向かっていきます。

P8201776.jpg



途中綺麗な夕日や姉妹船とのすれ違い等々イベントがあります。

P8200812.jpg

P8201764.jpg



旅の余韻に浸りながら、疲れを回復させていきます。

P8200815.jpg

P8200816.jpg




20:30分、定刻どおり敦賀港に入港。

乗船が一番だったため、下船は一番最後。

毎度のことですが、デッキに降りるとむわっと暑い。

P8200827.jpg


荷造り中には汗が噴き出してくる。あぁ帰ってきたんだなぁ。としみじみ実感する瞬間です。

乗用車の下船が終わると、バイクの下船開始。

北海道ツーリングから帰ってきたライダーが一斉に飛び出していきます。



実はこの時が楽しかったりするんですよ。

普段ソロ(一人)で走っている自分は、なかなかこんな人数で走ることはありません。

多くのライダーが港から高速へ向かうので必然的に一緒に走ることになるんです。


高速入り口まで、つかの間のランデブーを楽しみます。



高速に入ると、いわゆるビッグバイクはものすごい加速で行ってしまいます。


自分は基本走行車線なんで、多くのライダーに追い抜かれますが、抜かれるときにちょっと手を挙げて抜いていくんですよね。

「じゃ、また」的な。

こちらも「おぉ」ってな感じで手をあげます。

この、一瞬のやりとりも意外に楽しいんですよ。



高速では豊橋のCBさんとず~と一緒。
といっても、スピードが圧倒的に違うので、SAでお会いするだけですが。



途中、岐阜羽島ICで“渋滞9km・100分”という表示がでていたので、思いきって高速をおり、一宮ICまで下道を使いました。
9kmを100分じゃあ歩くのと変わらないですもん。


ついでに給油とコーヒー休憩もすませ、一宮ICから再び高速へ。


上郷のSAで休憩しようと立ち寄ると、なんとCBさんがいるではありませんか!

自分より後に養老SAを出て、渋滞もあったはずなのになんで・・・?


よくよくきくと「渋滞はしていなかった」とのこと。自分より15分ほど後に養老SAを出発したら、渋滞していなかったようだ。
ということは、もう少し待っていれば流れたのか・・・


じゃ、あの“渋滞9km・100分”という表示はなんだったんだ(怒)



しばしの雑談の後、出発!

せっかくなので手を挙げて颯爽と走っていくCB1300について行こうと頑張ったが、トラックに割り込まれた一瞬の間に見えなくなってしまった・・・



またどこかで会えるといいな・・なんて思いつつ再び一人旅。

三方原PAで最後の休憩をとり、走り慣れたみちを自宅へと向かいます。

P8210835.jpg


この時間になるとトラックばっかり。

ものすごく速いトラックもいればものすごく遅いトラックもいる。

毎日バイクで走り回っていたので、運転技術が向上するのか、うまい具合に走り抜け袋井ICへ。



毎年思うのですが、行きの袋井~敦賀はものすごく遠くてつらいんです。

でも帰りの敦賀~袋井はあっという間なんですよね~。

たしかに一週間も北海道をバイクで走り回っていたんですから、そうなるのも当然なのかもね。



時刻は深夜1:40分すっかり暗くなり静かになった田舎道にエンジン音を轟かせ、自宅へ到着。

今年も無事に無事故・無違反で帰ってきました。


P8210843.jpg



お疲れ様。




旅の思い出


フェリーチケット

P9050870.jpg



そして北海道ツーリングといえばこれ!!

ホクレンフラッグ!!
4色揃いました!!

P9050869.jpg


自分でGETしたのは“緑・黄・橙”の3本でしたが、後日さちこさんが“青”GETしてくれました~!

ありがと~!!





走行距離は測るのを忘れました・・・


だいたい2,500kmくらいかな。


使ったお金。

十○万円・・・・

旅のときは、どうも財布の紐が緩くなるようですね・・・
(というか切れたか・・・?)




にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気

スポンサーサイト

北海道ツーリング2010総集編⑧

最終日・・・・8日目

いよいよ今日で終わりかぁ・・・

寂しいなぁ・・・

でも最後まで楽しむぜ!



今日はまず透析があります。

でもせっかくさちこさんが来ているので、その前に撮影会!

一人だとなかなか自分が走っている姿は写せないですからね!

P8191699.jpg

P8191707.jpg

P8191695.jpg


本当は道東あたりで写真に納めたかったけど仕方ない。

苫小牧東港近くのストレートで写真に動画、さんざん撮って、さちこさんとはここでお別れ。

P8191719.jpg




さちこさんはこれから帯広~知床方面に向かうらしい。お互い「無事故・無違反で」と旅の安全を祈りながらさよなら。

ホクレンフラッグの青だけはしっかりお願いして・・・





その後はいつもの通りセイコマでコーヒーとパンで朝食をすませ、とよた腎泌尿器科クリニックへ。

P8190779.jpg

すると透析後に体組織を調べてくれることに。
よくCMとかでやっている、身体スキャンってやつですね。筋肉・脂肪・水分の量などが分かります。

このクリニックでは胸部レントゲン(心胸比)の他にこれを用いて測定した体内水分量も参考にしてドライウエイト(基礎体重)を決めているようです。



ドライウエイトについてはこちら。

ドライウェイト

   出典:日本病院薬剤師会雑誌 2001.4

 ドライウェイトとは透析により除水の目安として用いられる言葉で「適正体重」とも呼ばれます。

 透析患者は腎機能の廃絶のため水分の排泄が不十分となり循環血液量が過多になります。過大な体液量は高心拍出量による高血圧や肺水腫、心不全を引き起こします。透析により過大な体液量は除水されますが、次の透析までの間に水分が危険なレベルにならないよう、透析時には除水量の設定が必要となります。つまり、透析終了時には余分な体液がすべて除去され細胞外液量が是正されなければなりません。

 このように、透析患者の体液量が適切で、浮腫・高血圧・心不全等を示さない基準の体重をドライウェイトといい、ドライウェイトを目標として透析による除水が行われます。

 ドライウェイトの決定には算出式はなく、具体的には透析終了時に、
1.顔や手足の浮腫および胸部X線により肺うっ血や胸水の貯留がない。
2.血圧は正常。
3.疹胸比(CTR)は50%以下
4.これ以上除水すると血圧が低下する。


      の4項目を目安に決定されます。




なるほどなるほど。

すごく納得。


あくまで参考程度だとは言うけど、分かりやすいですもんね。


ちなみに僕の診断結果は身体の水分量が少なめ。

まぁ、感覚的にドライウエイトを上げようと思っていたから、予想通りですけどね。


無事に透析も終わり、最後のひとっ走りに行こうと準備していると・・・なんとプリンターが故障!!透析のデータをもらわなければならないのですが、出てこな~い。

まぁ急ぐ旅でもないし、しばらく待ったがやっぱりダメ。



結局郵送してもらうこととし、北海道ツーリング最終日出発!




まずは昼飯。

回転寿司。北海道の回転寿司はどこもレベルが高いが、いつも行ってる海天丸へ。


P8190781.jpg

5年前だったか・・・ここで食べたホッキの炙りに衝撃を受け、それ以来毎年来ています。

これがホッキの炙り。3つも食べてしまった・・・

P8190780.jpg




その後は日本におけるカマンベールチーズ発祥の地、早来へ。

レストランみやもとでカマンベールチーズコロッケとカマンベールチーズソフトを頂く。

P8191723.jpg




腹ごしらえもすんだところで、ラストラン!!


特に行く当てもないが、なんとなく牧場の中を走ったら気持ちいいだろうな・・・と思い、日高方面へいってみる。

P8191735.jpg

特に予定もないので、ホクレンのキャンペーンに応募出来そうな写真をとりつつふらふら。

P8191743.jpg




夕方にはお土産を買いに苫小牧西港へ。
(ちなみに僕が乗るフェリーは東港なのだが、西港の方がお土産がたくさんあるのだ。)


ここからは、仙台~名古屋方面行きと、大洗行きのフェリーが出ている。

ちょうど2便とも出航時間で、多くのライダーが帰っていきました。


初めて北海道ツーリングに来たときは、名古屋~仙台~苫小牧で来たなぁ。

「名古屋~苫小牧」便は太平洋フェリーが運営していて、日本一豪華なフェリーと言われています。

たしかに船はでかいし、船内でのイベントも沢山あるし、船旅としては楽しいものでした。
ただ、名古屋から苫小牧まで36時間かかるんですよね・・・


名古屋出港が19:00。仙台に翌日の17:00に着き、苫小牧には翌々日の11:00に到着。

そうすると自分の場合透析が困るんですよね~。

金曜日の便にのればまぁ行けるんですが、結局仕事を休んだりすることを考えると、敦賀~苫小牧便のほうが便利なんですよ。

でも、ゆっくり船旅を楽しむならこっちですね。いつかはもう一度「名古屋~苫小牧便」で来てみたいな。




苫小牧西港でちょいとしたお土産を買いつつ最後にジャスコへ。

ここでは冷凍ジンギスカン等を送ろうと思っていたのだが、なんと「諸事情により冷凍便は中止しています」だと~!!

ここを見込んでいたので他では買ってないし、今から買いに行くには時間がなさ過ぎる・・・

仕方ないのでカレーやラーメン、ジンギスカンのたれなど、普段地元のスーパーでは見たことの無いものをたんまり買い込んで自宅に郵送。




最後にセイコマでフェリーで食べる弁当を買って、港に向かいます。


この暗い感じ。最後にフェリー乗り場に向かうとき、なんとも言えない寂しさがこみ上げてきますね~。




フェリー「すいせん」とパチリ。

P8190792.jpg

P8191750.jpg

P8190799.jpg


フェリー乗り場で待っていると、北海道ツーリングを楽しんだライダーが次々と現れます。

みんな大きな荷物を積んで、少し寂しそう、でも満足した顔で。


P8191758.jpg

P8190796.jpg


いろんなバイク、いろんな積み方があるので、見て回っていると、見覚えのあるCBが・・・

思い切って話しかけてみると、やっぱり多和平で朝磨いていた方でした。

豊橋Noでご近所さん(?)だし、覚えていたんですよね~。


あれからどこを廻ってきたとか、お互いの旅の想い出を話しながら、乗船を待ちます。

例によってバイクは一番に乗船開始!

P8190800.jpg



帰りもいつもの2等寝台。

荷物をベッドに放り込み、さっさと着替えをすませ、速攻で風呂に。

乗用車の乗船が始まると激混みですからね。


出港までは時間があるが、とりあえず一杯。

P8190803.jpg



今回は船が陸地を離れるところが見たかったので、船尾に出て飲みながら見学。

だんだんと北海道の大地が遠くなっていく・・・


P8190804.jpg



今年もありがとう北海道!!


また来年もくるぜ!!


P8190806.jpg




これで終わりかと思いきや・・・

家に帰るまでがツーリング。




北海道ツーリング2010総集編⑨に続く・・・・・


にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気

北海道ツーリング2010総集編⑦

2010年の旅もいよいよ終盤、7日目。

今日の予定は、元同僚の“さちこさん”が北海道旅行にくるとのことで、どこかでお会いすることになってます。

さちこさんは昨年まで一緒に働いていた同僚で、一人で屋久島とか行っちゃう強者。

まぁ何年か前に一人旅の良さを力説した自分の影響かもしれませんがね・・・


さちこさんは飛行機で昼過ぎに新千歳空港着の予定。

「ではその時間くらいにそのあたりで」と、ものすごく大雑把な約束をしてあります。

とりあえず、駐車場からバイクを出し、苫小牧方面に向けて出発!!

P8181600.jpg


ちょうど、高校生の登校時間とかさなった。

本州では、通常まだ夏休みなのだが、もう学校があるんですね。

それにしても服装が面白い。

短いスカートで半袖の完全「夏服」の子もいれば、ブレザーまで着て「冬服」の子もいる。

たしかに朝夕が冷え込むので、そうなるのだろう。

とても不思議な光景で、写真におさめたかったが、いっぱい荷物を積んだバイクのおっさんが女子高生を写真とっていたら変態かと思われそうで・・・というか完全に変態あつかいですね。





そんなことを気にしつつ、セイコーマートでいつものコーヒーとパンで朝食をすませ、美瑛へ。

P8181607.jpg



美瑛は以前来たときにはそれほど魅力を感じなかったのですが、今年はイイ!!

朝だったので観光客が少なかったのもよかったですね。

写真を沢山撮りました!

P8181631.jpg

P8181634.jpg

P8181642.jpg

P8181620.jpg

P8181611.jpg



ベストショットはこれ!

P8181626.jpg


P8181615.jpg

こっちはちょっと露出を間違えたけど、逆にイイ感じ♪


ホクレンのキャンペーンにも応募しよう。




さて、苫小牧に向かうわけですが、このままいつものように日高経由で帰るのも面白みがないので、夕張経由で向かうことに決定!

そのまえに、富良野の100均でデジカメ用の三脚GET!

実は今回、バイクのムービーを撮るために用意していた、バイク固定用三脚を忘れてきていました・・・

これで、なんとか走行ムービーが撮れるかな??





富良野はさらっと通り過ぎ、国道38号から452号に入りひたすら走ります。
(この辺り、特に何もない。。。GSもない)


このまますんなり、夕張に入って苫小牧に向かう予定が、前のトラックに付いていったら、いつのまにか道を間違えて、知らない道に・・・

気づいた時点でそのまま行くっていう選択肢もあったけど、大幅に遠回りになるので、引き返します。

ここで30~40分のロス。待ち合わせ時間が迫っているのに。




夕張は財政破綻してしまって少しでもお金を落としていきたかったけど、なにもない・・・

セイコーマートでパンとジュースを買って、すぐに出発。



この時点でさちこさん空港に到着。


早っ!!
朝は静岡にいたんですよね?!


さちこさんは
朝“静岡”→昼“千歳”

僕は
朝“旭川”→昼“夕張”
しかも、必死に走ってきたのに・・・

飛行機って凄いな。



でもいいんです。

港まで4~5時間、さらには船に乗ること19時間。

ドキドキしながら来るのも旅の醍醐味ってもんよ!
(その間になんだか出会いもあるかも分からんし・・・)


帰りも余韻に浸りながら20時間。

疲労を回復させ、港から自宅までのひとっ走りを頑張るっていうね。

あのじわじわと現実に戻る時間もたまらんですよ。






待ち合わせは苫小牧のジャスコにし、急いでむかいます。

夕張から苫小牧は思いの外近く、すぐにジャスコ到着。

ここからはバイクは休憩し、さちこさんのレンタカーで移動することにしました。



さぁどこ行く??



相談の結果、長万部のカニ飯を食いにいくことに決定!

ナビをセットし、高速へ。


いや~車って静かだなぁ。風もこないし、音楽も聴ける(笑)



長万部は思った以上に遠かったが、無事到着し、出来たてのカニ飯GET!!

P8181674.jpg

P8181673.jpg

これでまたひとつ念願が叶った。


その後は国道37をゆるゆる帰り、初めての洞爺湖。

P8181676.jpg


洞爺湖は正直池みたいなものかと思っていました(勝手なイメージ)が、りっぱな湖じゃぁないですか!
何年か前にサミットで話題になりましたね。

P8181677.jpg


室蘭の白鳥大橋。立派です。

P8181682.jpg


その後は夕焼けの地球岬へ。


P8181684.jpg

P8181689.jpg
P8181686.jpg



驚くことにさちこさんは宿泊先を決めていないらしい・・・

まぁ、自分も今日は道の駅でゲリラキャンプ(野宿)の予定でしたが。。

じゃぁ車で寝ればイイヨと提案し、苫小牧で食料と酒を買い込んで一緒に道の駅へ。


道の駅ではまず、温泉に入り、営業時間が終了したところで、酒盛り開始。

P8180768.jpg

元同僚とはいえ、こうやって酒を酌み交わすのは初めてかも。

北海道のおすすめスポット、所要時間などを話しながら盛り上がりました。


そして!
知床方面に向かうということで、GETできなかったホクレンフラッグの青をお願いしちゃいました!これで全色揃うかな??



夜もふけて、キタキツネがやってきて残飯を狙われたところで、就寝することに。

P8190772.jpg

P8190773.jpg



明日はいよいよ道内最終日!

少し寂しい気持ちで眠りにつきました。




北海道ツーリング2010総集編⑧に続く・・・・・






にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気

北海道ツーリング2010総集編⑥

6日目の朝は霧の中・・・

P8171562.jpg


テントはびしょ濡れ・・・

撤収中に靴もびしょ濡れ・・・

今日は透析日なので、急いで網走まで行かなければなりません。



こんな天気なので、みんなはまだ就寝中。

起きていたのは、自分以外に、CBを磨いている方のみでした。

霧の中を走ると、びしょ濡れになるので、カッパを着込んで出発!





すると、どうよ?

20分も走れば晴れてきたではないですかっ!


きっと普段の行いがいいんだな。俺ってば。

なんて思いながらカッパを脱ぐ。




しかし、(どこかのブログにも書いてありましたが)ツーリングライダーって格好いいですよね!


自分的には朝日を背に走るのと、夕日に向かって走る姿が一番かっこいいですね。

今日もいけてるぜ、俺!




P8171567.jpg

これは牛の字。

本当は牛乳の消費拡大のために“牛乳”と入れる予定が、“牛”が大きすぎたらしい・・・残念!(古い!)



時間もありそうなので“神の子池”に立ち寄ってみた。

P8171586.jpg

朝ということもあり、池から水蒸気が発生して幻想的。

P8171579.jpg



さらには裏摩周。

裏摩周は湖面に近い分、よく見えるんですが、木が成長してしまって、イマイチ。

それにしても、やばい。ちょっと晴れとるが!



みなかったことにしよう。。。と写真はなし。





その後は時間に追われつつ、網走の「こが病院」へ向かいます。


P8171588.jpg


ちょっと迷ってしまったが、無事に到着し透析開始。


ここでは、

・ベッドが5床しかないとか
・エアコンがついていない(暑くないから)とか
・先生が3~4人もきたとか
・旭化成が営業来ないからないとか(遠いから?)
(僕がいつも使っているダイアライザーが旭化成)
・技師長がむっちゃ元気とか

びっくりすることが沢山ありました。


透析の方はなにごともなく無事終了。

とてもアットホームな雰囲気で、また来たい施設ですね。
(っていうのも変ですね・・・笑)



今日はこのあと旭川で外科医の“えもとさん”にお会いする予定があります。

ということで、サロマ湖~高速無料期間経由で行くことに決定!

サロマ湖ではホタテを食べるつもりで、楽しみにしていましたが、貝毒(?)により販売停止(泣)

かわりに北海シマエビを“生きたまま”90円で、とのことでしたが、自分はエビが苦手。

さらには、ピチピチしているのを引きちぎるのかちょっと辛い・・・



仕方ないので、ホタテバーガーと鮭バーガーをいただきました。

P8171590.jpg

正直いうと、名物のホタテバーガーより鮭バーガーが美味かったな・・・



案の定、むかいに座ってエビを頼んだライダーは“生きが良いエビ”に苦労していました(笑)




その後はひたすら旭川を目指したわけですが、ここで一つ忘れ物。

ホクレンフラッグの青(道北)をGETするのを忘れてた(泣)

結局、北海道では、4色のうち3色のフラッグしか付けて走れませんでした・・・






途中、「道の駅とうま」でこれまた念願だった“でんすけすいかソフト”を食す。

P8171599.jpg

味はまぁ想像どおりだったけど。

とりあえずまたひとつ念願が叶いました。



旭川は北海道第2の都市。さすがに都会です。今までが嘘のよう。


P8180862.jpg



とりあえずホテルにチェックインし、旭川駅でえもとさんとまちあわせ。



えもとさんは医者でもありながら、クロスカントリースキーにマラソンにと積極的。

透析をやりながらスポーツを行っている僕に興味をもってくれて、今回お会いすることとなりました。



本場のジンギスカン(生ラム肉!)をごちそうになり、ここでもジョッキでかんぱ~い。

P8170753.jpg

ホントのことを言うと、今回こそは瓶ビールでチビチビいこうと思っていたんです。

でもえもとさんのノリについジョッキで・・・(笑)


いや、全然大丈夫なんですけどね!



えもとさんとは同じスポーツ選手としての立場の話や、医学的な立場からの話ができて有意義な時間をすごせました。

P8170754.jpg

それにしてもえもとさんは思いのほか悪そ~(スイマセン・・・)

こんなのが2人で飲んでたら結構怖いかも・・



えもとさんのブログです↓

雪まみれの日々


いや~旭川は都会です。

夜でもネオンが輝いていますしね~。

この日は、誘惑に負けそうになりながらもいつのまにか寝てしまいました。


北海道ツーリング2010総集編⑦に続く・・・・・


にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気


北海道ツーリング2010総集編④

4日目の朝は、朝風呂から。

P8150608.jpg

昨夜は思わぬことから、ホテル泊。

せっかく温泉があるので、朝から入浴しにいきました。

十勝川温泉は世界的にも珍しい、モール温泉で、美人の湯として知られています。


100815-073901[2]

さっぱりしたところで、早速出発!

っとそのまえにハプニング!!

なにかがありません・・・(何だったか忘れました)


100815-074021[2]

この日から装着した防風インナーのおかげで、汗だくになって、必死に探します

100815-074014[1]
100815-074001[1]

無事発見し、今度こそ出発!!

100815-074411[1]

Masa4さんは今日のフェリーで帰られるので、途中まで一緒に走ります。

100815-074807[1]

また来年の再開を約束し、お互いの交通安全を祈りながらお別れしました。

P8150617.jpg

100815-080945[1]




さぁ、これからどうしよう??

2日後に網走で透析する以外、まったくのノープラン。

天気予報では今日は全道的に曇りのち雨・・・

その中でも、割と天気が良さそうな道東方面に向かうことに決定!!



そのまえに、ナイタイ高原。



P8151365.jpg

今年も真っ白・・・

でもこの道は何回走っても気持ちいいんだなぁ~!!

P8150621.jpg


P8151369.jpg
コーヒーのCMで使われていたツリーハウス。

残念ながら、立ち入り禁止で見るだけ・・・




さ、雨が降らないうちに雨雲から逃げなくちゃ。

道東にむけてGO!!

途中、ラワンドライブインにて「じゃがバター」を食す。

P8150622.jpg

ここのは、いわゆる「じゃがバター」のじゃがいもに、バターが乗っているものではなく、バターで煮込んであるようで、濃い~味なんです。


小腹が満たされたところで、阿寒湖へ。

阿寒湖ではおみやげが充実しているので、一通り、チェックします。

ついでに昼飯。
P8150627.jpg
P8150624.jpg

“新”阿寒湖名物、「阿寒やきとり丼」です。

やきとりといいつつ、実は鹿肉。

いわゆるB級グルメというやつですね。

味は、不思議な感じ。やっぱり鹿肉はクセが強いのかな??




おみやげはいくつか候補を見つけましたが、まだまだ旅の前半。

買うにはいたらず、ボッケを散策。

P8150629.jpg

こんなところから温泉が沸いてるんですね。見た目はまさに地獄。


おっとここで雨がパラパラ・・・


早いとこ雨雲から逃げようと、出発!

ところが、出発直後に雨と霧。

しまった、一足遅かった・・・!

そそくさとバイクを脇に寄せカッパ装着。

P8150639.jpg


真っ白で見えない峠を慎重に攻め、摩周方面へ向かいます。

P8150631.jpg


18℃って・・・・
一昨日まで35℃以上のトコロにいたんですけど・・・




今回は摩周湖には寄るつもりがなかったけど、この分なら「霧の摩周湖」が拝めるかと思い、行ってみることに。
(晴れた摩周湖は凄く綺麗だが、婚期が遅れると言われている。自分は今まで、いつも晴れだった・・・)

P8150633.jpg


案の定、真っ白。

P8151374.jpg


でも、今回ばかりはOK!!

これ以上婚期が遅れずにすんだぜ!!

ここでもおみやげ屋を物色。すると、ここでは1万円以上買えば送料が無料!

急遽ここで買うことに決定!!

送料もバカにならないですからね。




そのあとは硫黄山へ。

P8150640.jpg
P8150646.jpg

特に用はないけど、駐車場の券が摩周湖と共通なんですよね。行かないともったいない気がして・・・

っとここでまたしても天気が怪しくなってきたので、早めに宿探し。

本日の宿はいつもの和琴半島「めぐみや」です。ことしも来たよ~。



ちょっと早めについたので、温泉に行くことに。

今日は時間もあるので、オヤコツ地獄の湯に行ってみることにしました。

P8151387.jpg

本来ここは立ち入り禁止。

ここに来るにはボートか泳ぐしかありません。

大きな声ではいえませんが、自分は崖を駆け下りました。



たどりついてみると、すでに誰かが作った湯船らしきものを発見!!

P8151389.jpg


雨も降ってきたので、すぐさま、服を脱ぎ入ってみます。

P8150651.jpg



ま~見える景色は最高!!晴れていたらもっとよかったけど。




ライダーハウスに戻り、夜には定番の宴会!

P8150667.jpg

この日は、関東鉄騎士團のお2人と宇都宮の方、滋賀から来て、もうすぐ警察官になるとういうお兄ちゃん。さらには熊本から来たというおいちゃんの6人。

関東鉄騎士團


いつものことですが、同じ旅人、同じライダーということで、盛り上がりましたよ。


その後は温泉。

昨年は女性ライダーと“全裸”での混浴がありましたが、今年はなし・・・

温泉から眺める景色は、
対岸のキャンパーの明かりが良い味出しています。

P8150664.jpg



天気予報によると、明日は晴れ!!

楽しみ~!!



北海道ツーリング2010総集編⑤へ続く・・・・・





にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気

プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。