スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレードランナーが世界陸上へ!!

ニュースより

[ローリー(米ノースカロライナ州) 19日 ロイター] 陸上短距離選手で両足が義足のオスカー・ピストリウス(南アフリカ)が、19日にイタリアで行われた大会の男子400メートルで自己最高の45秒07をマーク。8月に韓国の大邱で開催される世界選手権の参加標準記録を上回り、出場資格を得た。

 レースを終えたピストリウスはロイターの電話取材に応じ、「夢のようなレースだった」と述べた。両足を切断した選手が世界選手権の短距離レースに出場するのは史上初となる。

 同選手はこれまでパラリンピックで複数の金メダルを手にしており、健常者の大会に出場できるよう求めていた。2008年にスポーツ仲裁裁判所(CAS)が出場を認める裁決を下したが、同年の北京五輪では参加標準記録を突破できず、出場できなかった。






45秒07ってすごいな・・・

北京のころは47秒そこそこだったから、相当頑張ったんだろう。

名前もなんかカッコイイし。




ネットでは“義足は道具”とか“バネ”とかの意見もあるが、どうだろう??

また、健常者と障害者は区別すべき(差別じゃなく)って意見もかなりあった。



たしかに、両足義足だと「推進力がある道具」と見られるかもしれない。



自分も障害をかかえている者からすると、健常者の中で挑戦したい気持ちはよくわかる。



ただ、競技用の義足等にも「非使用者よりも有利になる人工的装置の使用は禁止する」というルールがあるし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が出場を認める裁決を出したってことは、それに基づいてるってことなんだろう。



自分も治療のために禁止薬物をつかっているし、その薬のおかげで競技が出来ていることは間違いない。

というか、その薬がないと日常生活もままならないだろうと思う。



しかしながら、薬のおかげで競技能力が向上しているかといえば、そうでもない。残念ながら。

禁止薬物である以上、ドーピングの申請だけは忘れずにやっていますけど。


見方によっては、僕も人工の物で生きているってことだし、僕がもしも世界レベルの記録をだしたら、いろいろ言われるだろうな。



自分の競技レベルがあがってくれば、もっと高いレベルで自分の力を試したくなるのは、競技者として当然の心理。



でも、いろいろ言われてもそうじゃなくて、なんていうか重要なのは、きっとこの方も、そして僕も、
「障害が障害になっていない」って証明したいってところかな。

カッコつけると。



たぶんこの方は、競技はもちろん日常生活も相当努力していることだろう。



ただ、記録とか順位だけでなく、努力が実るような結果になってほしいものですね。
スポンサーサイト

今年も北海道行こっと♪

ようやく発売されました。

0円マップ北海道!!




これを読むと、やっぱり行きたくなるのです(笑)



透析があるので、とにかく方向だけは決めなくてはなりません。


とりあえず、ちょうど時期が合うので、「北海道バルーンフェスタ」は行って・・・


あとはどっちに行こうかな。




早速、よく読んで、今年の目的地を決めたいと思います!


今年は自炊道具も持って行きたいな!!




あぁ~、楽しみになってきた♪


来週中には、病院とフェリーの予約しなくては…


もちろん、仕事先の根回しも・・・















7月の検査結果

7月の検査結果です。


             透析前        透析後
総蛋白          6.8         7.1
アルブミン        4.4
ナトリウム        142         142
カリウム         4.5↑        3.2
クロール         101         103
カルシウム         9.5         9.9
リン             4.8↑        3.5
マグネシウム         3.0↑
尿素窒素        64.5↑        21.5
クレアチニン      15.63 ↑        5.99 ↑
尿酸            8.8↑          2.0 ↓


赤血球          355 ↓
白血球           47
ヘモグロビン      11.3↓
ヘマトクリット     34.7↓

CPK         229    

心胸比         47.6%  




おぉ!

久しぶりにヘモグロビンが11台!!

これなら、だいぶ動けるはず!!


捻挫さえ治ればね・・・





「焦らずコツコツ」と分かっていてもモチベーションが上がらんなぁ・・・







にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気

静岡県選手権結果

この暑い中、出場してきました。




円盤投げ  32m16   10位

棒高跳び  記録無し

やり投げ  43m台  自己ワースト



捻挫したあげくに散々な結果・・・

情けない・・・



気晴らしにツーリングでも行きたいな~

北海道いつ行こうかな・・・

移植のニュースに思う

ニュースより

生体腎移植をめぐる事件で、臓器移植法違反などの疑いで逮捕された医師(55)が、警視庁の調べに「透析を続けても効果がみられず、移植しないと死んでしまうと思っていた」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかった。
 2009年の時点で腎臓の提供者(ドナー)候補は同容疑で逮捕された元暴力団員のほかに2人おり、容疑者が適格者を選ぶために採血をしていたことも判明した。
 容疑者の妻(48)は調べに対し「海外で手術すれば1千万円ぐらいかかると聞き、そのぐらいは仕方ないと思っていた」と供述。容疑者は08年、フィリピンでの移植や妻の知人女性をドナーに仕立てての移植に失敗しており、警視庁は、先行きを不安視した両容疑者が、高額な報酬を払ってでも移植を実現させようとしたとみて調べている。




こうまでして、移植したいものだろうか。

この人は医師だということだが、現在の透析医療をしらないのだろうか。

そして、透析がほとんど自己負担無しで受けられていることに感謝しなかったのだろうか。


確かに透析医療は個人差が大きいものだし、透析が辛いことだってある。

この方がなぜ「透析をしていても効果がなかった」と感じたのかは分からないが、透析は辛いというイメージだけを強調するような記事には腹がたつ。


全国29万人いる透析患者が皆それぞれ悩みはありながらも、頑張っているだろうに。


移植だって、透析からの離脱にはなるけど、いろいろと自己管理が必要なはず。


もちろん僕も移植に興味はあるし、登録もしてる。ただ、時間的な制約こそあれど、定期的に病院に通う透析医療は、恵まれているとも思う。




結局は自分の考え方次第ということか。
プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。