スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透析療法の目的

あるDrのブログにとても興味深い記事があったので紹介させていただきます。



昭和40年代の初期の透析の目的は「尿毒症の症状を緩和する」事であり、とにかく今のICUや手術室と同じで、患者さんが「尿毒症で死亡しない事」が最大の目的であったはずです。

透析の回数がなぜ週3回になったのかというお話は、「次の尿毒症の症状がでない」ために週3回と何となく慣習的に決まったようです。


中2日の月曜日がけだるいのは今の透析患者さんも同じです。



しかし、「現代の透析療法の目的」を何処におくかを問いなおす時が来ました。いわゆる標準透析と言われる「血流200ml/分、4時間、週3回」透析の限界が明らかになったからです。

この透析が定着して15年は経過したところです。


2008年度の日本透析医学会の統計調査表の結果は45歳~60歳の患者さんの予後成績は5年生存率68%、10年生存率49.2%でした。一般の方の平均余命の半分です。


これからの透析治療の目的をどこに置くのか?

余命の延ばす事は重要ですが、


その前にする事があります。


・「生活の質を落とさない」


・「社会での役割が全うできる」


・「合併症の発症を遅らせる、少なくする」


といった事だと思います。




こうした事に主眼を置けば余命は伸びるはずです。



「DrシモンK」のブログです
透析療法の目的の変遷





かつては“生きること”が最大の目的だった透析も、医療技術の向上により、患者の生活レベルを落とさずに生活できるようになりました。

そのおかげで、僕は仕事もできているし、運動まで出来ています。


透析が“辛い”“苦しい”といった時代は変わってきたのです!


ありがたいことです!

まだまだ、仕事に競技に人生に頑張れますね!!


にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気

コメントの投稿

非公開コメント

こういったように患者側に立って考えてくれる医師が増えると良いですよね。
医療技術の進歩とは有り難いもんですね。

Re: タイトルなし

かかと落としさん>
本当にありがたいですね!!
それに伴い、僕たち患者側にも出来る限りの社会貢献が必要だと思います。
頑張りたいですね!

No title

医療技術が向上しても殆どの人が4時間200はおかしいですよね。
将来の合併症のことを思うと、
今のうちに十分な透析を行うことですよね。
そのことが生活の質や社会貢献に繋がることだと思うんですよ。

No title

こんばんは
いしづか君はもう頑張っていますから頑張ってとはいいません!
応援してます!
23日晴れてほしかったなぁ!

No title

いしづかさん、こんばんは。

週3回、4時間の透析の壁をなんとか打ち破りたいと、葛藤していますが、いつも玉砕に終わります。
このブログのDrのような考えの方が増えてくれることを願って止みません。最近落ち込みぎみだったので、この記事を読んで勇気をもらいました。

ありがとうございました。

Re: No title

びおらさん>
そうなんですよね~。
本当は働いている人たちほど、長時間が必要なはずなのに、逆に施設側の都合等で難しいですよね・・・
より元気になって、社会貢献もできるのにねぇ

Re: No title

関東鉄騎士團さん>
ありがとうございます!!

23日!!
雨っぽいですよね・・・
天気を見ながら近場に変更かもしれません。。

Re: No title

eさん>
ありがとうございます。
施設側にもいろいろ都合がありますからねぇ・・
結局はDrしだいになりますが、良い方向に行くといいですね!
僕も頑張ります!!
プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。