スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透析はドーピング??

先日、陸連のトレーナーでもある先輩から、連絡がありました。



ドーピングにおける2011年の国際禁止基準が発表された。

とのこと。



さっそく調べてみると、その中の主な変更点の一つに透析に関する事項がありました。



化学的・物理的操作の項目の中で、

血液を採取し、操作を加え、循環系へ再注入する一連の措置の禁止
2011年度禁止表に追加されました。これは、適正な血漿交換、献血、その他の全血の再注入を伴わない行為を禁ずるものではありません。競技者の血液を採取し、処置あるいは操作を加え、再度注入する行為に対処するものです。


慢性腎臓病治療のため血液透析を行っている競技者は、その行為(およびその疾患治療によく使われる物質)に対し「治療目的使用のための除外措置」(TUE)の申請が必要です。


ということでした。




以前にも書いたとおり、透析で使用する薬品の中には、ドーピングに引っかかるものがあります。(主にEPO、造血ホルモン)


ドーピングについて(過去記事)



そこで、僕は毎年申請をして、使用を認められています。

ちなみに、この薬で申請がとおったのは世界初らしいです・・・






さて、今回“わざわざ”血液透析って言葉が、加えられたのはどういうことだろう??



まず、思ったのは、透析をやりながら、競技スポーツをやろうって人が出てきたんだなぁってこと。


今回の変更は世界基準の変更なので、世界には凄い奴もいるもんだなぁなんて思ってました。



血液透析というのは腎不全等で腎臓の機能が無くなった人が、体内の毒素を除去出来なくなるため、血液をとりだして、ダイアライザー(人工腎臓)で綺麗にして体内に戻すことをいうのですが、その原理はまさに“透析”なのです。


そこで、一般のいわゆる健康な人が血液透析をやったとして、どうなるだろう?


透析とは血液が汚れているため、ダイアライザー内に綺麗な体液と同じような成分の水(透析液)を流し、半透膜(通す物質と通さない物質がある膜)を介して濃度に差のある溶液(血液と透析液)の拡散・限外濾過・浸透圧の3つの原理によって行われるため、余分な毒素などが抜けて綺麗になるというもの。



つまり、健康な人(血液が綺麗な人)が普通の透析をやっても、針刺すのが痛いだけでなんの効果はないと思われるわけです。
(透析で使用している薬にはドーピング効果があるものもあるが。)





そんな訳で、ドーピング目的での“血液透析”は考えにくく、わざわざこの一文が入ったってことは、やっぱりそういう選手がいてもおかしくないのかもってことです。



もう一つ考えられるのは、透析をやりながらも、競技スポーツをやっても大丈夫とある意味で認められたってことでしょうか。

ただ、日本では長期透析というか、透析をしても長生きをという考えなのかもしれませんが、諸外国では透析はあくまで“つなぎ”らしいです。


腎移植までのつなぎ。



日本では20年、30年、40年もの長期透析患者がいますが、アメリカなどでは10年もたたず移植になるようです。(もしくはお亡くなりに・・・)




世界レベルでやっていた選手が、何らかの理由で腎機能を失い、透析になったとしても、あくまで“つなぎ”なのでそのまま競技を続けるのかもしれませんね。


もちろん、いずれ移植があるからといって無茶なことをしても良いわけではないし、移植後にまた同じようなレベルで競技を出来るかはまた別問題ですけど・・・





いずれにしてもなんだかうれしいなぁ。


僕も負けないように頑張らなくっちゃ!!


まずは早速、申請をしたいと思います。



にほんブログ村 腎臓・尿・膀胱の病気




コメントの投稿

非公開コメント

現実問題として世界的に腎機能に障害を負ってしまった人々が増加しているという事でしょうか。

ただ透析をしながらでも競技に携わろうと思える透析技術の進歩に希望が持てますよね。

移植であろうが透析であろうが一度は腎機能に障害を負ってしまっても競技に携わろうとする人達が確実にいるのだと思うと素直に嬉しいです。

私も負けないように頑張らなくては!

No title

透析人口が多くなった分、透析で元気になって、
またスポーツを始めたいと思う方も多いんでしょうね。

私の知ってる方にも登山やマラソンをされてる方がいますが、
夢は海外の山やフルマラソンなんですよ~。
いしづかさんも負けずにガンバレ~☆

Re: タイトルなし

かかと落としさん>
そうですね!
世界中に仲間がいるかもしれません。

お互い頑張っていきましょう!
目指すは世界最強の透析患者と移植者ですね(笑)

Re: No title

びおらさん>
みんな元気でよかったよかった♪
びおらさんも、スポーツクラブ行ってます~??
健康のために“適度な”運動は続けましょう!

No title

いしづかさん、こんばんは。

おおっ!

いしづかさん以外にも、バリバリスポーツをしてる人がいるって事ですね・・・。

どこかの競技場で、バッタリ会うかもね・・・。(^^)

Re: No title

バンザイさん>
今回の話とは別に実は一人しっています。

仲間が増えるのはうれしいですね!!

はじめておじゃまします

透析になる前からちょくちょく読ませていただいてました。
透析になったら、いちばん最初にしたかったのは
ジョグングだったので、ここを見つけたときは
かなり嬉しかったです。
今後もいろいろ参考にさせてください。
よろしくお願いします。

すみませんがうちにリンクを貼らせていただいていいですか?

Re: はじめておじゃまします

桂さん>
コメントありがとうございます。
こちらこそ、運動をやっている方がいらっしゃって嬉しいです!
お互いに無理のないよう頑張りましょう!!

リンク、こちらこそよろしくお願いします。

No title

IAAF?の規則改定は難しくて一見嬉しくない話に思えたけど、
どうやら望ましい方向の話なんだね。良かった良かった(笑)
ルール・規則ってどっとかってゆーとありがたくない話が多いから・・・

Re: No title

Rickyさん>
少し難しく書いてしまってスイマセン(笑)

ドーピング問題は難しいですよね~。
だいたい透析患者は「おしっこ」でないのにどうするんだ??って話ですよ(笑)
プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。