スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅透析の可能性

以前から検討し、考えていた在宅透析。


そのメリットは、

・ 自分の都合のいい時間で透析できる
・ 通院が必要ない
・ 長時間透析や頻回透析が可能なので体調管理しやすい
・ 自宅で透析のため、リラックスでき、家族との会話も出来る

などがあります。


反面、デメリットとしては、

・ 透析中に医師や専門のスタッフがいない
・ 介助者が必要
・ 患者と介助者の勉強が必要(病院での講習)

などです。


実際に行うには、自宅に透析機を設置する必要があるため、電気・水道などの工事と、患者本人と介助者の病院での講習(2~6ヶ月)が必要となります。

また、大量の透析液を排水するため、下水道への接続が必要らしい。

しかしながら、僕が三年前に新築した家は合併浄化槽。

そう、僕の家は田舎の方なのです・・・

聞くところによると、合併浄化槽だと透析液を流した場合に微生物(菌)が耐えられず死滅してしまうため、在宅透析は不可能じゃないかと言われてきました。


が!

あるブログで合併浄化槽ながら、管理会社と相談して出来るようになった話を発見しました!


僕もさっそく、市の下水道課で、まず家の下水道の可能性を聞いたところ「それはない」と・・・

そこで、事情を説明したところ、要は、浄化槽に流れ込む透析液の量と処理の仕方だろうとのことでした。

つまり、何かで透析液を薄めればよいとのことです。

例えば、強酸性なら、お風呂の水を流すときに石灰を混ぜるとか。

そういったことで対処できるのでは。とのことでした。


実際には現在家の管理をしている会社に相談しなければなりませんが、少し希望が出てきました!



余談ですが、元気と感じる透析の評価方法としてこんな数式があります。


透析時間(1回の)×透析回数(週)×透析回数(週)


体調の良いと感じる透析患者はこの値が70を超えているというデータがあるそうです。


因みに現在の僕は、

5時間×3回×3回=45


例えばですが、在宅透析で毎日2時間やったとすると、

2時間×7回×7回=98

日曜を休んで、週6回としても

2時間×6回×6回=72


一日少しの時間でも、良い数値がでますね。

しかも在宅で透析を行えば、一日の内、いつやっても良いわけです。


もちろんこの数値がすべてではありませんし、実際やってみないと苦労は分かりませんが、期待してしまう透析方法です!

いつか挑戦してみたいな!

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは~
お久しぶりで、ごめんなさい

marchは、シャントトラブルの多さもあって
病院透析が、自分に合っていると思ってます
介助者の確保も、今の家庭環境(まぁ、父親の性格上)ではムリですしね

頻回透析が、体調の改善に繋がるのは理解しているけど
週3回透析で、透析ない日を有意義に使えてる(特に、ライブね)し
体調も良いので、現状で満足してますね
可能なら、火曜日のみ6時間ってのはしてみたいですけどね

Re: タイトルなし

marchさん>おひさしぶりです!
シャントトラブル大丈夫ですか??

自分も正直、記事にはしたものの、なかなか」難しいと思ってます。
今でも満足していますしね!

でも、病院に縛られないのもあこがれますね~(笑)

ちなみに僕も今週、浜田省吾のライブです!

お互いまだまだ楽しみましょう!!

No title

在宅のメリットはでかいですね。
クリアするハードルがまだありそうですが、
是非とも実現しますように!

Re: No title

Rickyさん>
ありがとうございます。
最大の難関は自己穿刺です。
怖いのと、痛いの嫌いなんで(笑)
あと何年かで、もっと小型の機械が出ればいいのですけどね~!
プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。