スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

透析グッズ④



週3回の透析時に投与する”オキサロール”です。
簡単にいえばビタミンDです。




人工透析の副作用(合併症)の一つとして、”活性型ビタミンD不足”があります。

ビタミンDは腎臓で活性化されるので、これが不足すると食物中のカルシウムを腸から吸収できなくなります。(カルシウムを腸から吸収するためには、活性型ビタミンDの手助けが必要です。)

カルシウムを腸から吸収できなくなると、血液中のカルシウムが減ります。(低カルシウム血症)

それにより、副甲状腺から副甲状腺ホルモンがたくさん分泌されると、最大のカルシウム貯蔵庫である骨を溶かし、血液中の不足したカルシウムを補います。

この状態が長く続くと、骨はどんどん溶け出してもろくなってしまいます。また、ひどくなると、骨や関節の痛み・骨折・筋力の低下・かゆみ等の症状が起こってきます。


そこで、この活性ビタミンDの”オキサロール”を投与するわけです。


ただし、逆にカルシウムが多すぎてしまう場合があります。

カルシウムが多すぎると、血管の壁が固くなって動脈硬化を起こしたり、心臓の弁にくっついて弁膜症を引き起こす(異所性石灰化)ことがあります。

また、関節の中が石灰化すれば関節炎から関節は痛み、腫れあがり、動かすこともままならなくなることもあるようです。

さらに副作用(?)としてリンの吸収も促進してしまうので、リンの値にも注意が必要です。



さまざまなことを管理することによって、よりよい透析を行うことができているんですね~。

でも、まず大切なのはやっぱり”自己管理”ですね!!

結局は自分の生活をよりよくしたり、寿命を延ばすことにつながるわけですから。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!

私は今、ロカルトロールを週3回です。
リン、カルシウム値は良いのですが、PTHが
上がってしまいます。
ビタミンDの管理も難しいです。

それにしても、良くご存知ですね。
今度、分からないことがあったら教えて下さいね☆
プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。