スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長時間透析への思い

僕の透析条件は、、、

週3回(月・水・金)

4時間

血流250

ダイアライザーAPS-25EL


ま、一般的というか平均的っていうか普通。


透析っていうのは、腎臓の代わりに体内の毒素や水分を人工腎臓で抜くものなので、
僕たち透析患者にとっては、透析時間が体内を綺麗にする唯一の時間です。

僕の場合週3回4時間づつなので、1週間に12時間、腎臓の代わりに透析しているわけです。

ただ、通常腎臓は24時間フル活動しているわけで、1週間168時間のうちの12時間しかしていないことになります。


そこで最近では、透析時間を長くしているトコロも多くあります。

一説には現在の医療技術で、週3回透析の場合、
一回の透析で必要な時間は最低6時間ともいわれています。

この透析時間(透析条件)の違いには地域差もかなりあります。
田舎の方は施設もスタッフも少ないですしね~。


僕も時間を延ばしたほうがいいよ、とか、よくいわれます。

確かにそのとおりなんです。
将来のことを考えたら、より多くの毒素を抜いたほうがいいに決まってますよ。




ただ、僕はこうも思うんです。

僕一人にかかっている医療費は、年間約600万~700万。
僕はフルタイム勤務で働いていますが、年収を軽く上回っています。。。

でも、重度障害者医療費助成や特定疾病療養受療等で、実際に支払う金額は月1万円。
さらに”市”からも補助がでて、実質月500円(1病院)です。


残りの分はすべて税金。
ありがたいことです。


自分が働いて稼いでいる以上に、使ってしまっているので、
なんとか社会に貢献したいと、がらにもないことを本気で考えちゃったりしています。



そして、僕の通っているクリニックで、”夜間”という扱いで透析しているのは4人。
本来”夜間”はなかったのですが、院長の好意で、午後の部を延長してもらっている感じです。

長い間やっていれば、その分お金もかかるし、看護師さんたちの負担も大きくなりますよ。

夜もやってくれるおかげで、仕事もできるし、ホントありがたいです。



そんなわけで、自分の将来のため、透析時間を長くしたい思いは確かにあります。

しかし、僕は今の現状でさえ十分ありがたいのです。

こうして働いて、運動までできて、なにより生きていられることが本当に幸せだと思います。



透析時間や透析条件の変更は、
その時がくれば、必要なタイミングであるでしょう。

医療の進歩は目覚しいし、そのうち透析そのものも変わっていくでしょう。

それまでは、限られた条件のなかでも、
できることをできるだけ、精一杯頑張って生きたいと思います!

P3160309.jpg







コメントの投稿

非公開コメント

ミクシィから

初めまして♪
ミクシィで透析の情報をいろいろ探して
ヒットしてきました☆

78歳の父が そろそろシャントの手術 と言われ
ものすごく落ち込んでいるので。。。

若い人と違い 生きる目的がない高齢者は
励まし方が難しいです。。。

お邪魔しました♪ 

Re: ミクシィから

>びあんこさん
はじめまして!コメントありがとうございます!
僕もシャント作成の頃は悩みましたよ。
透析してまで・・・・って感じでした。
でも、いざはじまってみるとまた別のことを考えるようになりますよ!
僕の場合は「こんなもんか。全然平気じゃん」ぐらいでした。
透析やってみても、意外に元気なんで目標もできますよ!

No title

透析は、タダで受けられるもの・・・。
そう、思って、当たり前のように透析を受けてる患者さんが多く居ます・・・。

いしづかさんのような考えを持つのは、大切だと思います・・・。

僕も、いつも透析を終わる時は、必ず感謝するようにしてます・・・。

お互い、いつまでも、この気持ちを忘れずにいたいですね・・・。(^^)

Re: No title

バンザイさん>
今の僕たちが安く良い透析ができるのは、
いままでの患者さんたちの努力の積み重ねですね!
この時代に透析できて、本当に感謝です。

これから医療はもっと進歩すると思います。
今度は僕たちが透析がより良いものになるように頑張りましょう!!

No title

読みましたよ^^必要なときがきたときがそのタイミング、まさにその通りだと思います。
今は無理せず、今のまま、できる範囲で透析頑張れればいいかなと思いました^^
私も仕事していて思います。透析しながらでも、働けることはとてもありがたいことと。
この記事読んで楽になった気がします♪ありがとう^^

Re: No title

TOMOMIさん>
まぁ、人それぞれだから・・・
できる範囲で頑張っていきましょ~!!

No title

はじめまして。
今年透析導入したばかりの新参者です^^
こちら離島なので非常に不便な透析環境です。

いつも参考にさせてもらっているのですが
この回については異論があります。

医療制度が患者の立場に立って考えることを第一とし
患者側もまたそういう医療制度の恩恵を認識しているような
両者がともに性善説にたっているような関係なら
僕も問題なく石塚さんの想いに共感できるのですが

現実には、
それぞれの利になるように
駆け引きがあるのが現実の人間社会だと思うんですよね。

個々の患者さんにとっては
医療施設との関係もあって難しい問題だとは思うんですが

長時間透析が良いという結果が出ている以上
その事実に対応しきれていない医療制度や医療現場に対して
「改善してください」と言い続けることを
当事者の透析患者がしなければ
一体誰が声を出してくれるんでしょうか?
医療現場が常に自ら自己改善してくれるものなのでしょうか?

僕としては自分の透析環境をよりよいものにすることは
これから後につづく他の透析患者のみなさんのためにも
大切なことだと思うので、
今よりよい透析環境の整備ということを
個々人の患者が患者の立場として
医療現場に訴えていく姿勢も非常に大切だと思うんですが、

いかがでしょうか?
プロフィール

いしづかこうじ

Author:いしづかこうじ
 
はじめまして。
石塚浩司(いしづかこうじ)です。

慢性腎不全から透析生活となりました。
透析のイメージを変えるため、
競技復帰を決意しました。
透析をやりながらでも、
いろいろなことに挑戦したいです。


病歴、現在の症状

中学1年生の時にIgA腎症を発症。
     ↓
自覚症状がなかった為、高校の頃より病院に行かなくなり、普通に生活。
おまけに運動(陸上部)まではじめました。。
     ↓
大学時代から十種競技をはじめる。
     ↓
26歳時の試合中突然ふらふらに。
その後、日本選手権を最後に現役引退。
     ↓
病院で腎不全と診断され、5年の保存期をへて31歳で透析導入。
     ↓
現在、仕事後に透析(HDF)を週3回5時間、やってます。
     ↓
2009年 透析の概念を変えるため、競技復帰を決意。
     ↓
そして!
2011年 1年間の準備期間を経て、いよいよ十種復帰。



透析のイメージを変えるため、いろいろなことに挑戦したいです。
無理のないようがんばりたいとおもいます。
よろしくお願いします。

十種競技の説明、透析しながらも競技をやってる理由はコチラ  




今後の予定

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
御意見・ご感想はこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。